すき焼きの由来

すき焼きの名前の由来

  • すき焼きの由来は色々な説があるみたいですが一般的に言われているのは、江戸時代の農民が農具の「鍬」(くわ)「鋤」(すき)の「鋤」の上で肉や魚を焼いて食べていたことにあるそうです。
  • 農具で食べ物を焼いていたのに驚かされますが、当時の人のは大切な労働力である牛や馬を食べるのは良くないと考えられていましたし、鳥や猪などを含め肉自体食べるのは良くないとされていたそうです。
  • ですからコッソリと野外で鋤を使って食べていたという説や、冷蔵庫などなかった時代ですから肉の保存状態が良くなくにおいがあったので室内で食べるのを嫌がって野外で鋤を使って食べていたという説などがあります。
  • 他にも好きに焼くからとか歴史的に云々とか色々な説がありますが、内容がレシピとはかけ離れていきますので、すき焼きの由来の話はこれ位にさせていただきます。
posted by すき焼きのレシピ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。